トヨタカローラ岩手トヨタカローラ岩手

岩手県内で選ばれてNo.1!!

2018.11.03

カローラ岩手 ドキドキフェアIN矢巾店 11/3-4 イベント開催しました‼

11月3日(土)紫波郡矢巾町のトヨタカローラ岩手 矢巾店にて、”ドキドキフェアin矢巾店”を開催いたしました。

3日、4日の二日間、会場は9時から16時30分迄開催ですが、3日は朝から秋晴れで清々しい天気でオープンすることができました。

会場には、9月に登場した新型シエンタや、10月に登場した新型パッソをはじめ、試乗車・展示車総勢約20台を展示。

新型シエンタには、トヨタ純正オプションの”FUNBASEセット”と”レジャーキット”を装着したデモカーの展示のほか、”災害復旧支援対応車”のC-HRも展示。LPガスを車載しており、ガソリン・ガスの満充填で約1,600㎞も走行可能。また、1,500Wの給電が可能なほかにも、空気中の水分から1日当たり約4Lの飲料水を精製するユニットも搭載されており、災害に強いクルマとなっております。

”安全・安心なクルマ社会”のサービス提供の一環として、”ICS(インテリジェントクリアランスソナー)&IPA(インテリジェントパーキングアシスト)”体験会も会場内で行いました。”ICS”ではアクセル踏み間違え等により、駐車時からの誤発進をサポートしてくれる機能で、前後の障害物などに”ぶつからない”を体験いただきました。”IPA”では、クルマの運転でよく苦手とされる”縦列駐車”を車両のセンサーでサポート。前後に駐車されたクルマをセンサーで検知し、運転手はハンドルには触れずにブレーキ操作だけで縦列駐車が可能。ナビゲーション画面などの指示の通りに操作すれば、だれでも同じように縦列駐車が出来るんです。

また、トヨタの福祉車両”WELCAB”シリーズも2台展示。シエンタは、車いすのまま車内へ乗り込むことができる車いす仕様車、ルーミーは助手席が電動で車外へスライドダウンし、車いすの方が移乗しやすい助手席リフトアップシート仕様です。

福祉車両というと、バンタイプの大きいクルマだけというイメージがありますが、こういった普段使いにも最適なコンパクトカーも、トヨタでは多数用意しております。

また、今回店舗でのイベント開催ということで、サービス工場を使って”キッズエンジニア体験”を行いました。

当社のサービススタッフがお子様にもわかりやすくクルマの構造を説明したり、実際にタイヤ交換体験を行いました。体験されていたお子様の目は真剣で、ワクワクとドキドキを感じながらスタッフと一緒にタイヤ交換をされていました。

今度はお父さんと一緒にタイヤ交換できそうですね!

そして、当社イベントの恒例”もちまき”も13時から開催し、非常にたくさんの方にご参加いただきました。「こっち、こっちー」と両手を挙げて、たくさんのお餅やお菓子を掴んでいました。トヨタカローラ岩手 矢巾店がオープンして今年で3年が経ち、地元の皆さまに支えられてここまで来れました。皆様に感謝の意とお礼を込めて、店長も思いいっぱいに餅をなげていました。

これからも、トヨタカローラ岩手をどうぞよろしくお願いいたします。

PAGE TOPPAGE TOP