トヨタカローラ岩手トヨタカローラ岩手

岩手県内で選ばれてNo.1!!

2019.05.11

「何かお手伝いしましょうか?」15名の介助専門士認定員がお待ちしております!

介助専門士 疑似体験 階段

「何かお手伝いしましょうか?」

4月17日18日、トヨタカローラ岩手の各店・本社スタッフ15人が「介助専門士養成講習」を受講し、5月8日15人全員合格の通知が届きました。

2日間の講習では、80歳設定の高齢者疑似体験や、車いす介助、アイマスクを使った全盲体験、点字体験、手話を交えた接客応対などを体験してきました。

専門士 高齢者疑似体験 手引き

介助専門士 車いす体験 手引き

介助専門士 高齢者視野 体験

介助専門士 高齢者視野 体験

介助専門士 点字 体験

高齢な方や障がいをお持ちの方、お体が思うように動かせない方、そしてそのご家族様が快適に、安心してご来店いただけるお手伝いが出来るための心構えなどを学びました。

高齢者疑似体験では、思うように手足を動かせなかったり、視野が狭かったり、腰が痛かったりと、体験しなければ解らなかったことばかりでした。

介助専門士 買い物 体験

また、車いす乗車体験では、小さな段差でも大きな衝撃を感じたり、簡単には段差を上れなかったりと普段では気がつかない身の回りの段差が気になりました

介助専門士 車いす 体験

2日間の講習を受けて、まずは「お声がけ」から始まる接客が重要であることに気づかされました。

★講習を受けたスタッフの感想★

・実際に体験(体感)できる講習はイメージも残り、気づくことが多かった

・「お客様の希望に沿って」は原則だということを思い出しました。何気なく遂行しているからこそ、再度改めて応対を考え直してみます

・まずはお声がけから始め、自分のお客様ともいろいろ今回の講習のことも話してみたい

・今までは高齢者、障がい者に寄り添うことが少なかった。声掛けからスタートして、自分が出来ることで良いのでやってみようという気持ちになりました

・障がい者へ対しての自分での思い込みや決めつけの考え方で判断がほとんどだったので、思いやりの精神、心遣いなど今回の講習で気づくことが多かった

・普段何気なく高齢のお客様と接しているが、見え方、聞こえ方、歩く大変さをよく理解できた。今まであまりお手伝いするということはほとんどなかったので、積極的に声をかける自信がついた

・ホスピタリティの大切さや介助としてあるべき姿が学べたのは、今後の仕事の助けになると感じた

・視覚障がいが思っている以上に怖い感じがした。今後接する機会があれば少しでも配慮が出来ればと感じた

・日頃は介助の必要性を深く考えることがなかったが、健康な方ばかりではなく見えない障がいを抱えている方が実は沢山いることを学びました

・ウェルキャブ(福祉車両等)車への移乗方法のイメージがつかめた

・介助犬について、障がい者を手助けする犬がいることは知っていたが、介助犬はとても優秀で驚きました

・大学の時にスポーツトレーナーや介護について学んできましたが、「介助」はまたそれらとは全く違うものでした

・実際に体験したり、講習で知った事で見える視野が増えたと思います

 

今後、カローラ岩手の各店、また、移動展示会イベントでは常時「介助専門士」が皆さまをお待ちしております。きめ細やかな応対で、何かお手伝いができれば幸いです。

 

 

【福祉車両紹介ページはこちら!】
https://corolla-iwate.jp/news/welcab-series-testcar-lp_1059

【カローラ岩手のYoutubeチャンネル登録よろしくお願いします!】
https://www.youtube.com/channel/UC6o07L0EWzyQVNd7W4EDt_Q

【カローラ岩手の新車をお得に購入!毎月2名に当選!10万円購入資金キャンペーン!】
https://corolla-iwate.jp/purchase_funds/

【お得な情報が満載!公式/トヨタカローラ岩手HP】
https://corolla-iwate.jp/

PAGE TOPPAGE TOP